大沼池の鳥居までハイキング・コースや車でのアクセス、駐車場も解説

登山・ハイキング(長野)

志賀高原にある大沼池は、透き通るような鮮やかな青色がとても綺麗で、人気のハイキングスポットになっていますね!また、青色の池に佇む真っ赤な鳥居は、また一層アクセントになり、息を吞む美しさです!!

今回は、2020年8月に大沼池までハイキングに行ってきたので、その時の様子をご紹介!大沼池までのコースやアクセス方法、駐車場についても解説します。

スポンサーリンク

志賀高原の大沼池とは?

大沼池は、長野県の志賀高原にある周囲5.5kmの大きな湖です。

火山のせき止め湖でもあり、強酸性のため魚は生息しないとか。

 

絵具のような鮮やかな青い色をしていて、その光景を一目見ようとハイキングに来る方が多いです。水の深さや光の加減により、濃い青色だったり、エメラルドブルーに輝いて見えます!

本当に神秘的で、いつまでも見ていたい景色ですね(^^)♪

今回コース歩いている途中、アサギマダラと思われる蝶々の群れに出会いました♪

こちらも、とても綺麗でしたよ(#^^#)

 

スポンサーリンク

大沼池の鳥居まで!ハイキングコース紹介

大沼池のハイキングコースはこちら(片道)

バス停「大沼池入口」近くの駐車場 → 徒歩60分 →

→ 大沼池の端っこ(池尻) → 徒歩30分 → 赤い鳥居

帰りは、逆順路をたどればOKです。

引用元:志賀高原 中央エリアHP

鳥居まで行くのであれば、往復で2時間30分ほどかかります!距離にして約9キロ!けっこうかかりますよね…(*_*;)

軽い散策ではなく、しっかり歩くコースなので、大沼池や赤い鳥居にたどり着くと達成感があります(^^)

大沼池近くまで車では行けません。歩いてたどり着いた人にしか、あの青い池を見る感動は味わえないですね!!

 

※私が行った時は、出発地点のバス停「大沼池入口」から大沼池まで行くルートの一部が、工事のため通行できなくなっており、迂回するよう案内看板がありました。工事がいつまでなのか不明ですが、案内看板が出ていましたので、道に迷うことはないと思います。

スポンサーリンク

大沼池までハイキングする上での注意点!

大沼池までのハイキングコースは、アップダウンは少ないですが、意外と長距離なので、服装やストレッチなど、準備を忘れずに。

 

●歩きやすい服装や運動靴で歩こう!

駐車場~大沼池までは、比較的歩きやすい道ですが、途中山道を歩く箇所もあるため、歩きやすい服装、トレッキングシューズなどがおすすめです。季節によっては、日差しが強いので、帽子やタオル、飲み物なども忘れずに。

 

●熊鈴を持参!

ハイキング程度ですが、大沼池までのルートは山の中です。人気のスポットだとしても、人とすれ違うことはあまり少ないですので、熊鈴をしっかり鳴らして歩きましょう。

 

●コースの途中にトイレなし!?

マップで見ると、大沼池近くに「エメラルド大池(レストハウス)」とありますが、今は閉店しており、大沼池周辺には何もありません。エメラルド大池の奥にトイレがあるらしいのですが、今回はトイレに寄らなかったので、どんな状態かわかりません。

駐車場のすぐ横にトイレがありますので、必ず寄ってから出発しましょう。

 

●時間に余裕を持って!

駐車場→大沼池→鳥居まで、往復で2時間30分くらいかかります!

ゆっくり写真をとったり、休憩しながら行くと、3時間弱くらいかかるかもしれません。

 

私は夏のお昼過ぎに駐車場を出発し、午後3時過ぎ頃に戻って来たのですが、その時間帯から大沼池に向かう私服の家族とすれ違い、大丈夫だろうか…と心配になりました(; ゚Д゚)

大沼池は本当にきれいなブルーなので、感動してつい長居してしまいがちです。

時間に余裕を持って行動してくださいね。

スポンサーリンク

大沼池への最寄の駐車場は?

バス停「大沼池入口」近くに、砂利の駐車場があります。道路沿いにあるので、すぐにわかると思います!

駐車場横には、トイレもありますので安心ですね(^^)

 

ちなにみ、この駐車場近くに「清水名水公園」という水場があります!

水場のすぐ横に、3~4台ほどの駐車スペースがありますので、そこまで車で行くことができます。

名水のようで、水を汲みに来ている方が結構いました。ハイキングの帰りに寄ってみるのも良いですね(^^)

スポンサーリンク

大沼池のハイキング まとめ

今回は、志賀高原の大沼池について、ハイキングコースや駐車場などをご紹介しました。大沼池は、緑が茂るグリーンシーズンや紅葉が鮮やかな秋の季節などにおすすめです。ぜひ、あの鮮やかな青い池を見に、ハイキングに行きましょう!

初めて見る人も、何度も行っている人も、その光景を目にした瞬間「ここまで歩いてきて良かった…」と感動すること間違いなしですよ(^^)

タイトルとURLをコピーしました